結婚指輪は誰が購入するもの?

一般的に結婚をするにあたって婚約指輪は男性から女性の贈る指輪とされていますが、結婚をする際には婚約指輪以外にも結婚指輪が存在しています。では、結婚指輪は誰が誰に贈る指輪なのでしょうか?中には指輪は男性が贈るものと思っている人も多いと思いますが、実際には男性が贈るものと決まっているわけではありません。そこで今回は、そもそも結婚指輪は誰が購入をするのかということについて紹介します。

まず、誰が購入するのかというのはカップルによって異なりますが、結婚指輪というのは基本的にはお互いが贈り合う指輪になります。その為、費用については2人で折半にして購入をしたというカップルもたくさん存在しています。結婚指輪は2人でつけるものですし、夫婦として支え合っていく証なので、男性側だけに負担させることはできないという女性も増えてきています。

しかし、中には男性に用意をしてもらう場合も存在しています。例えばサプライズが好きだったり、女性に負担をさせることはできないと思っていたりする場合、全て負担して購入する方も存在しています。

このように、カップルによって様々となりますが、結婚指輪はお互いが贈り合うものになりますので、経済状況なども踏まえて2人で相談しながら決めていくと良いでしょう。